代表の想い | チャレンジはうす篠栗|福岡県糟屋郡篠栗町(粕屋町・久山町・須恵町・志免町)の児童発達支援・放課後等デイサービス                  

代表の想い

私たちと一緒に成長しませんか?

Lisa y Gracias(リサ・イ・グラシアス)合同会社は、国家資格を持つカラダのスペシャリストが運営する「守永接骨院」が母体となっています。
『糟屋郡(かすやぐん)から、日本の社会福祉を変えたい!』と言う想いで法人を設立いたしました。

『すべての方に笑顔を、すべての事に感謝を、沢山のありがとうが溢れる企業へ』を理念として掲げ、
スペイン語で「リサ=笑い」「グラシアス=感謝」の名前をつけました。
一つの「ありがとう」が生み出す力は、「ありがとうの連鎖」を生むと信じています。
沢山の人に必要とされることこそ、最大の社会貢献であると考えています。

このたび糟屋郡篠栗町にご縁あり、チャレンジはうす篠栗をオープンいたしました。
将来的には、グループ内で「就労支援」「グループホーム」「運動特化型介護施設」をワンストップで繋げる企業になります!

10年後、20年後…
子供たちの元気な笑顔は、家庭を明るくし、その笑顔は、地域の力になる。そして、日本全体のエネルギーになると信じています。
そのためにまずは、子どもたちが安心安全な環境の中で、様々なことにチャレンジし、クリアしていく喜びを一緒に分かち合いたい。
さらには個性を伸ばし、共に成長していける企業でありたいと思います。

この糟屋郡から社会福祉を変える!将来の日本の未来を変える!
笑顔をエネルギーに変える、という想いで、このチャレンジはうすを起点と考え、施設をオープンいたしました。
是非、あなたも体験してみてください!

 

代表プロフィール

氏名

守永 一彦 (もりなが かずひこ)

出身地

福岡県久留米市

好きな言葉

諦めなければ失敗はない

趣味

トレーニング、子供と遊ぶ

座右の銘

マイペース

好きな食べ物

お肉、ラーメン

経歴

○西日本鉄道での電車の車掌
○国家資格取得後に整骨院勤務
○守永接骨院設立・経営
○Lisa y Gracias合同会社設立 社会福祉事業参入

所持資格

○柔道整復師
○4DSヨガインストラクター
○エキスパートファスティングマイスター

学生時代の部活動

テコンドー

伝えたい内容

妻を幸せにするために生きています

「足育(あしいく)」とは?

みなさんは、「人間の土踏まずのアーチ形成は6歳までが期限」と言われていることはご存知でしょうか?(参考URL
「未就学時期から足底を育てる」(足元からの成長)ことが、全身の骨格形成や発育のためにはとても重要となってきます。

しかし、土踏まずのアーチがすでに「完成した後の期間」のほうが、人生全体の割合としては圧倒的に長いです。
「完成した骨格」、つまり「姿勢・身体の使い方」をどう使ってゆくか?も、全身の発達には重要な要素となります。
さらに言うと足元が脳に与える刺激は科学的にも証明されています。
高齢の方が入院などで歩かなくなると痴呆が進むなどはその逆の影響と考えられています。

※現在足元が未発達になるであろう原因と考えられるのは、
運動不足、整い過ぎた平坦な路面、クッションのありすぎる靴、栄養面の食事・おやつ問題など要因は様々です。

私は20年以上カラダの事について専門で活動して参りましたが、その中でも現代のコンクリートだらけの路面や、段差が少ない・手を上げない・しゃがまない生活様式による「身体の変化」に気付きました。
便利になった世の中や、バリアフリー社会を否定したい訳ではありません。
しかし、子供たちの足元の未発達や運動能力の格差は問題視する必要があると感じています。